元祖“とんちゃん”をこの場所で!秘伝の味を受け継ぐ「鳥中とんちゃん堅田店」

元祖味付かしわ

元祖「味付かしわ」伝統の味を堅田へ

外観

高島名物“とんちゃん”の発祥である、元祖「味付けかしわ」を受け継ぐ「鳥中とんちゃん堅田店」。高島市に本店を構え、本場の味を気軽に楽しめると人気のお店です。堅田店には30年と長い歴史がありますが、10年ほど前に道路沿いへお店を移転し、目に付きやすいようにと店内を改装したのだそう。元祖から昔ながらの味を、今もなお受け継いでいます。

ショーケース

清潔感のある店内のショーケースには鶏肉がずっしり。九州や四国から仕入れた精肉を取り揃えています。定番の商品には親鳥と若鶏のかしわがあったり、せせりやホルモン、手羽先…などなど、部位の種類もたくさん!中には希少価値の高い部位「ソリレス」や、ビタミンEが豊富な「桜姫」も。このお店ならではの珍しい鶏肉が揃います。

高島のご当地グルメ!ふるさとの味“とんちゃん”

とんちゃん

高島ではご当地グルメの「とんちゃん」。赤味噌ベースの秘伝のタレで味付けした鶏肉のことを呼びます。ここでは注文が入ったらその場で味付け。“美味しい・安い・早い”がとんちゃんの三大魅力!鶏肉なので値段も良心的で、いつでも気軽に食べられると地元で愛されている食材です。焼くだけで簡単におかずになるので、忙しい主婦の味方でもあるんですよ。

秘伝のタレ

こちらがその秘伝のタレです。見た目はドロッとこってりとした印象。赤味噌に様々な調味料を混ぜ合わせているそうですが、作り方は極秘。店頭でも作り方を知っているのは店主だけなんだとか。元祖「味付かしわ」が始まった時から変わらぬ味を受け継いでおり、歴史を超えて残る伝統の味なんです。

誰でも出来る!アレンジメニューも満載

とんちゃんから揚げ
「とんちゃんから揚げ」                (写真提供:鳥中とんちゃん)

味付かしわは焼くだけでも十分美味しいのですが、いろいろなアレンジも豊富なんです!例えば、片栗粉をまぶして揚げるだけでとんちゃんから揚げの完成!簡単で人気の調理方法なのだそう。もともとしっかり味がついているので、簡単に晩御飯のおかずやお弁当の具材に早代わり。

とんちゃん鍋
「とんちゃん鍋」                   (写真提供:鳥中とんちゃん)

味付けを活かしてこんな調理の仕方も。野菜、豆腐など鍋の具材にとんちゃんを入れて煮込めば、あっという間にとんちゃん鍋の完成です!赤味噌と絶妙な味付けがぜひおすすめ。お店で鍋用にと伝えれば、濃い目に味付けしてくれますよ。お店ではほかにもアレンジメニューをたくさんご紹介しています。

お土産とんちゃん

確かな美味しさを誇るとんちゃんは、お土産にも大人気。お土産用には包装紙で包んでくれます。京都にも比較的近い堅田では、この味を求めて他県からやってくる人も多いのだそう。滋賀のお土産として持っていけば、誰もが楽しめる味にきっと喜ばれるはずです。

地域が育てた愛されグルメ。50年受け継がれる伝統

マスコットキャラクター

もともとは店主のご祖父母が50年前に精肉店を営んでおり、「何か目玉商品を作ろう!」と誕生したのが元祖「味付かしわ」でした。そしてある時、お客さんがそれをなぜか「とんちゃん」と呼び出したのだと言います。皆がとんちゃんと呼ぶようになって、いつしかそれが商品名になっていったのだそう。今では地元民の愛する定番食材になりました。

高島にある本店は店主のご両親が営んでいます。高島に3店舗あり、長浜にも1店舗。家族全員で伝統の味を受け継いでいます。

元祖味付かしわ

今となっては高島名物と言われるとんちゃんですが、堅田店では「とんちゃん下さい!」という人はほとんどいないのだそう。地域が変われば知名度はまだまだであると店主は話します。「この場所で頑張って、自分が食べて育った“とんちゃん”が滋賀でもっと有名になれたらいい」と話してくれました。いつしか滋賀中で愛される食材を目指して、店主の挑戦が続きます。

高島の人にとって、味付かしわは慣れ親しんだ“ふるさとの味”。強い愛着と確かな美味しさを誇る、元祖の味に出会いに来てみませんか。

地図アプリで地図を表示

基本情報

スポット名 鳥中堅田店
住所 滋賀県大津市今堅田2-15-8
電話番号 077-572-3707
URL http://tonchan-no-torinaka.net/
アクセス 国道161号線「今堅田南」を堅田駅方面に曲りすぐ
営業時間 10:00~19:00
定休日

■お店からの一言: 

関連記事

  1. アイデア満載クラフトビールに舌鼓!「近江麦酒」

  2. 料理全体

    ワインと地鶏をお洒落に楽しむ「近江黒鶏とワインバル Jidoriya」

  3. イケメン、はじめました。「Club Line」

  4. 光ライトオルゴール

    扉を開けば癒しの空間!自分だけの音色に出会える「黒壁オルゴール館」

  5. お料理全体

    サクッと気軽に立ち寄れる!地元に愛される小さな居酒屋「Local Kitchen G家」

  6. その歴史、大正2年から。受け継いできた製法と想い「西田豆腐店」

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】